HOME > ミナケアについて

ミナケアについて

ミナケアの企業理念

「健康を守り、高めることで、人々が社会に長く貢献できる世界を創る」

MinaCare は「ずっと元気で、の思いをカタチに」することを目的に設立されました。 全ての人に「良質のケアで、健康を長く、安く」提供することを使命として活動しています。


ミナケアが提唱する「ヘルスケア」とは・・・
  • みんなが、みんなで、みんなをケアする
  • ずっと元気で、の思いをカタチに
  • 健康に投資する、未来を変える

代表 山本雄士よりご挨拶

山本雄士
人と社会をもっと元気にする
進化型医療=「ヘルスケア」
その実現を、日本で最初に目指します

ミナケアが掲げるのは「病気を治してもらう」ことから「病気にさせない取り組み」への転換。
これこそが、現代医療の潜在力を生かした本来の「ヘルスケア」であり、人と社会の将来に健康と豊かさをもたらすエンジンです。
その実現に向けて、ミナケアは総力を結集します。

山本雄士略歴

1999年東京大学医学部を卒業後、同付属病院、都立病院などで循環器内科などに従事。2007年日本人医師として初めてハーバードビジネススクール修了(MBA)。日本内科学会認定内科医、日本医師会認定産業医。
科学技術振興機構フェロー、㈱キャピタルメディカ最高医療責任者、内閣官房医療イノベーション推進室企画調査官、慶應義塾大学クリニカルリサーチセンター客員准教授などを経て、現在、ソニーコンピュータサイエンス研究所リサーチャーを兼任。 2014年日本起業家賞受賞。
厚生労働省保健医療2035推進参与に就任。
また教育活動として山本雄士ゼミを主宰。
共著書に「僕らが元気で長く生きるのに本当はそんなにお金はかからない(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」「病院経営のしくみ(日本医療企画)」、訳書に「医療戦略の本質(マイケル・E・ポーターら、日経BP社)」、「医療イノベーションの本質(クレイトン・M・クリステンセンら、碩学舎)